ヨークシャーテリアの犬図鑑

ヨークシャーテリアの歴史

「ヨーキー」という愛称で親しまれているヨークシャーテリアは、19世紀にイギリスで作出されました。正しくは<ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャーテリア>という大変長い犬種名で、イギリスのヨークシャー州・スコットランド州の、ワイヤー・ヘアのテリアといったような意味になります。現在のヨーキーはワイヤー・ヘアどころか絹のようなすべすべした直毛ですが、作出された時期は様々な犬を交配に用いていたこともあり、毛質だけでなくサイズも今と異なって、5kg以上ある個体も多かったそうです。
当時、交配に使われていた犬は、スカイテリアやマンチェスターテリア、ウォーターサイドテリアやマルチーズ他、さらに数種類あったとされています。しかし、交配を進めて犬種として安定化していく過程で、ヨーキーは小型化され、滑らかな直毛の毛質となりました。

ヨーキーは当初、愛玩犬ではなく、作物や人間の食べ物を荒らすネズミを捕るための犬として作出されました。倉庫や工場など室内でネズミを追えるほど小さく活発なテリアとして、労働者階級の市民に飼われていましたが、サイズの小ささ、被毛の美しさ、活発で明るい性格が評判となって、次第に貴族など上流階級でも飼われるようになりました。

1861年にイギリスのドッグショーに初めて出展され、1870年には「ヨークシャーテリア」の名称が広がり、1872年にはアメリカにも入り、1882年にイギリスのケンネルクラブで公認の犬種となりました。
やがて、この犬の魅力に取りつかれた欧米の繁殖家たちによって、ヨーキーはさらに小さく、より美しい被毛を与えられるようになりました。
日本に入ってきたのは戦前の頃からと言われていますが、はっきりしません。戦後、高度成長期の豊かな時代になると、マルチーズとともに代表的な「お座敷犬」として、室内で手厚く飼われるようになり、長年登録数ランキングトップ10入りが続いています。日本では第3グループのテリアとして分類されていますが、海外では愛玩犬として分類されている国もあるようです。

なお、ヨーキーとよく似た外見のシルキー・テリアは、オーストラリアンテリアとヨーキーの交配によってつくられましたが、現在はそれぞれ別の犬種として扱われています。

ヨークシャーテリアの特徴

ヨークシャーテリアは左右対称に伸びる、細くしなやかな直毛で、スチールブルーといわれる犬種独特の青灰色の毛と、タン色の毛色で構成されています。
日本の犬種標準では、体重は3.1kgまでとされており、チワワ同様最も小さい種類の犬としてギネスブックに登録されたことがあるほどです。しかし、犬種作成の過程で中大型のテリアの血が入っていること、犬種の作出からあまり時間が経っていないことで性質の固定が不十分であるため、標準より大きなサイズのヨーキーが生まれる場合も時々あるようです。

ヨークシャーテリアの性格

ヨークシャーテリアはネズミを追わせるというその成り立ちからもわかるように、大変勇敢で、負けん気が強く、頑固で自己主張もする「テリア気質」です。
テリアの気質は一方で、主人と定めた相手には深い信頼を寄せ、飼い主と離れると食欲が落ちる、不活発になるなど、いじらしい面を見せます。

ヨークシャーテリアの飼い方

ヨークシャーテリアは比較的抜け毛が少ないと言われるシングルコートですが、毛量が多い場合はよく抜けるように感じられることがあります。毛は細く絡まりやすいので、ブラッシングは毎日行いましょう。
長毛にこだわらない飼い主さんは、トリミングで思い思いのショートカットにしているようですが、暑さ寒さの変化に弱いので、冬は服を着せてあげたほうが良さそうです。

甘えん坊ながら負けん気の強いテリア気質ですので、育て方を間違えると大変なワガママ犬になってしまいます。
電話やインターフォンへの無駄吠えがやまない、ブラッシングや耳掃除をしようとすると咬むなどの問題犬にしないために、子犬の頃から人間との上下関係をはっきりさせておくことが大切です。
甘やかし過ぎは分離不安などの症状を招き、留守番ができなくなってしまいます。

ヨークシャーテリアは活発で運動量の多いテリア気質ですが、サイズが大変小さいので、それほど多くの運動量は必要としません。
散歩は気分転換程度に20分くらいで十分です。
賢く、知的な活動が好きなので、室内でできる遊びをしてあげましょう。

ヨークシャーテリアの毛色

ヨークシャーテリアは、子犬の頃は全身のほとんどが黒い毛で覆われています。
しかし、大人になると少しずつタン色の毛が増え、黒い毛は灰色やシルバー、金色などに変化をし、最終的には犬種の特徴でもあるダーク・スチール・ブルーとタンの2色になります。

ヨークシャーテリアの気を付けたい病気

ヨークシャーテリアに起こりやすい病気として、門脈シャントが知られています。腸管から吸収されて肝臓に運ばれ、解毒されるはずの毒素が、シャント(余分な血管)により、肝臓で処理されないまま体内に回ってしまい、無治療の場合は死に至る病気です。多くは2才くらいまでに発症します。
食欲不振、おう吐、下痢やふらつきなどが見られたら、早めに受診しましょう。

その他に、尿結石や、小型犬で起こりやすい膝蓋骨脱臼、気管虚脱などがあります。
ヨーキーは平均寿命14~15才と言われ、長寿の傾向がありますが、心臓病などは比較的早い時期から起こりやすいようです。
シニアになったら定期的な健康診断を欠かさないようにしたいものです。

ヨークシャーテリア(ヨーキー)を毛色で探す

< ヨークシャーテリア(ヨーキー)のお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

健康保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
1,214人が「いいね!」と言っています。
Fumiko Watanabe
中静 隆秀
Noda Zhāng
百瀬 正彦
渡辺信行
伊藤 恵子
小林 正則
黒川 勲
新着子犬お知らせメールサービス ヨークシャーテリア(ヨーキー)の子犬お探しコーナー ドッグショー特集 チャンピオン犬 輩出・在籍のヨークシャーテリア(ヨーキー)のおすすめブリーダー特集

毛色からヨーキーの子犬を探す

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの犬図鑑

ヨークシャーテリアの名前ランキング

  • 男の子
    1位まめ
    2位ゆず
    3位エル
  • 女の子
    1位ゆめ
    2位
    3位くるみ
>> 名前ランキングをもっと見る